自己破産とは?

自己破産したからといって借金が0円になるということではありません。

自己破産における破産宣告というのは、破産を宣告しただけだと考えていないといけません。

借金の支払いが不能となったことを宣告するだけ。

よって、借金の支払い義務というのはまだまだあるのです。

破産宣告を受けることで暫定的に債権者からの督促や取り立てからは解放されることは確かです。

結論から言いますと、自己破産における破産宣告と債務の免責の二段階が完了しないと借金は0になりません。

免責は申し立てをすると大抵の場合は認められやすいとです。自己破産の目的は、やむを得ず、多額の借金を負って苦しんでいる人たちを救済するための制度です。
ですが、免責が許されないケースというのもあるので、自信の思い込みのみで判断をして、自己破産をしても免責が受けられずに大変な思いをすることもあるのです。

免責が認められない主な理由は、免責の申し立ての10年以内に過去免責を受けていた場合や、浪費・ギャンブルなどで著しく財産を減少させた場合、クレジットカードで商品を購入後に、すぐに業者などに売却をしたり、質入れしたりして現金化してある場合、免責の申立人が財産を隠したり、財産価値を減少させたりしている場合、すでに返済不能であるのにも関わらず、そうではないように債権者から借入をしていた場合、自己破産をするための費用として、金銭を借り入れしたり、自己破産や免責の申し立て中に新たな借金をした場合、裁判所に対して財産状態のウソの陳述をしたりした場合など、上記は一部の例ですが、このような場合には免責が認められません。

保証人がいる場合でも、自己破産をすることはできます。
しかし、借主本人が自己破産をしたとしても、保証人も同時に自己破産をしているわけでないのであれば、保証人が破産者の債務を一手に追うことにもなり兼ねないのです。

それは、保証人=連帯保証人が現在の契約の主流だからなのです。

連帯保証人とは、単なる保証人とは違って、借主本人と同じ扱いをされます。しかも借主が自己破産をしたのであれば、そう費者金融にとっても著しい事情の変化として、保証人への一括回収の手続きを早期にとりはじめる事も珍しくないのです。保証人がいる場合の自己破産というのは、自分のことだけで済むとは限らないので注意してくださいね。

自己破産を避けるためにも、借金を滞らせてはいけません。

支払い月が苦しかったとすれば、お金を借りてでも支払いをしておいた方が、私はいいと思います。滞納するよりか今後の事を考えるといいです。

こういったところでお金を借りて支払いをしたことがあります。
今すぐにお金を借りたい※今日中にお金を借りれる即日カードローン会社

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>