自己破産とは?

自己破産したからといって借金が0円になるということではありません。

自己破産における破産宣告というのは、破産を宣告しただけだと考えていないといけません。

借金の支払いが不能となったことを宣告するだけ。

よって、借金の支払い義務というのはまだまだあるのです。

破産宣告を受けることで暫定的に債権者からの督促や取り立てからは解放されることは確かです。

結論から言いますと、自己破産における破産宣告と債務の免責の二段階が完了しないと借金は0になりません。

免責は申し立てをすると大抵の場合は認められやすいとです。自己破産の目的は、やむを得ず、多額の借金を負って苦しんでいる人たちを救済するための制度です。
ですが、免責が許されないケースというのもあるので、自信の思い込みのみで判断をして、自己破産をしても免責が受けられずに大変な思いをすることもあるのです。

免責が認められない主な理由は、免責の申し立ての10年以内に過去免責を受けていた場合や、浪費・ギャンブルなどで著しく財産を減少させた場合、クレジットカードで商品を購入後に、すぐに業者などに売却をしたり、質入れしたりして現金化してある場合、免責の申立人が財産を隠したり、財産価値を減少させたりしている場合、すでに返済不能であるのにも関わらず、そうではないように債権者から借入をしていた場合、自己破産をするための費用として、金銭を借り入れしたり、自己破産や免責の申し立て中に新たな借金をした場合、裁判所に対して財産状態のウソの陳述をしたりした場合など、上記は一部の例ですが、このような場合には免責が認められません。

保証人がいる場合でも、自己破産をすることはできます。
しかし、借主本人が自己破産をしたとしても、保証人も同時に自己破産をしているわけでないのであれば、保証人が破産者の債務を一手に追うことにもなり兼ねないのです。

それは、保証人=連帯保証人が現在の契約の主流だからなのです。

連帯保証人とは、単なる保証人とは違って、借主本人と同じ扱いをされます。しかも借主が自己破産をしたのであれば、そう費者金融にとっても著しい事情の変化として、保証人への一括回収の手続きを早期にとりはじめる事も珍しくないのです。保証人がいる場合の自己破産というのは、自分のことだけで済むとは限らないので注意してくださいね。

自己破産を避けるためにも、借金を滞らせてはいけません。

支払い月が苦しかったとすれば、お金を借りてでも支払いをしておいた方が、私はいいと思います。滞納するよりか今後の事を考えるといいです。

こういったところでお金を借りて支払いをしたことがあります。
今すぐにお金を借りたい※今日中にお金を借りれる即日カードローン会社

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

パワハラに遭ったことで行う裁判

収入がよい仕事だったのですが、パワハラで辞めなければいけない状況になりました。
派遣社員だったのでパワハラが起こるたびに派遣会社に営業担当者に苦情を訴え、何とかして欲しいと言っていたのですが、何もしてくれませんでした。

辞めるきっかけになったことに関しても事実を確認されることなく、パワハラ加害者が完全に悪いのに、私が悪いということになってしまいとても悔しい思いをしました。
このパワハラの件で先日、裁判を起こしました。

弁護士費用などを考えても、裁判にせずに慰謝料を支払ったほうが安く済むのに、勝ち目のない裁判を被告側は受けるようです。
そこで今、物凄く不安に思うことがあります。

裁判にならないように、内容証明を送付し、その書類で慰謝料に関する請求を伝えたところ、書類にあった質問のうち、半分も回答をしていない内容証明が届きました。
回答があった分も全てウソだったので、怒りがわきました。
ウソばかりを並べて恥ずかしくはないのか、と思ったのです。

実際、裁判になった時に被告と顔を合わさなければいけないということになりますが、自分が冷静でいられるのかどうか、すごく不安です。
ウソばかりを並べられて、怒りもわくでしょう。
直接被告の口から出てくるウソを聞いて、冷静に判断をすることが出来るのかどうか、考えてしまいます。

裁判は冷静にならなければいけないと言われているので、相手のウソに対して平静を装っていられるのかどうか、本当に大丈夫なのかどうか、という不安が大きいです。

被告がどんなウソを言ってきても、真実は1つですし、その真実を証明する証拠もいくつも持っているので、平静を装うことができれば大丈夫であろう、と言われました。

被告側の弁護士は労働トラブル専門ではなく、交通トラブル専門ということもあり、労働トラブルに関する知識がないので、キチンとした回答が出来ないということもあるようです。
そんな人たちを冷静な話が出来るのかどうか、という心配もあります。

話がちょっと変わるのですが、まだローン返済中の車って売却することができるのしょうか・・・調べてみました。

参照⇒http://xn--u9j6nsa9a8522awvgg3jvs2i.net/

売却をすることはできるけれど、その代りにローンは一括返済をしてしまわないといけないそう・・・

一括返済することができるくらい貯金があるなら最初からローンなんて組まないでキャッシュで購入するんだけどな。。。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カードローンのあれこれ

相当古い時代なら、キャッシングの可否を決める審査が、今と違って生温かった頃もあったことが知られています。俗にいう審査が甘いであったりブラックでも借りられるっていうことが実際に会ったのです。

しかし、近頃はどのキャッシング会社でも甘い審査は行われず、事前に行われている必須の審査の際には、定められた通りの調査がかなり詳細に行われるようになっています。詳細には行われますがデータベースですのでかなり早く審査が終わります。

キャッシングのサービスの一環で最近増えてきている、利息が0円になる無利息キャッシングだったら、なんと無利息期間の30日間で、完済が不可能になっても、このサービスを使わず利息があるという条件で融資されたときよりも、利息がかなり少額ですますことができます。

このことからも、どなたにとっても非常にうれしい特典ではないでしょうか。最初にキャッシングを利用してもらうために、論会社もいろいろ考えてこういうお得なサービスを打ち出しているのです。

キャッシングでの貸し付けが迅速に実行可能な融資サービス(ローン)は、非常にたくさんのものがあって、消費者金融業者が提供している融資ももちろんですし、銀行のカードローンについても、あっという間に融資が受けられるということなので、即日キャッシングと呼んでいいわけなのです。

一般的に消費者金融が即日融資をしてくれるというのは知られていると思いますが、銀行は審査の時間がかかるものだとみんな思っていると思います。実はそうではなく銀行でも即日融資をしてもらえるところがあるのです。もちろん一定の条件がそろえば(注意)ということですけどね。
※注意は詳しくはこちらのサイトを参考にしてください。⇒主婦カードローン
もちろん金利が低かったり無利息期間があるなどの有利な点は、どのカードローンにするかを決めるときに、とても大切な点だと言えます。しかし信用ある業者で、カードローンを申し込みたいなら、母体が大手銀行のキャッシングローン会社の中から選んでいただくことを特にお勧めします。

やはり大手の銀行キャッシングというのが一番安心感がありますもんね。安心して利用できるところを利用するというのが重要かと思います。

あと、銀行というのは専業主婦の方でも利用できるというのが大きな特徴です。専業主婦の方の場合、消費者金融と呼ばれているところでは借りられない場合はほぼですからね。一部の消費者金融では借りれる所もあるようですが、書類の提出などかなりいろいろ面倒な部分が多いみたいです。

消費者金融のサービスである無利息の融資とは、借金をしても、全く利息が発生しないことを指しています。無利息キャッシングという名前のサービスですが、間違いなく借金なので永遠に無利息サービスのままで、借金させてくれるなんておいしいことになるわけではないので誤解しないでください。そんなことしてたら消費者金融がつぶれてしまいますもんね。

ネットで話題になっているカードローンの利点と言えば、365日いつでも時間の制限なく、返済可能な点。年中無休のコンビニのATMを活用して全国どこからでも返済していただくことができますし、ネットによる返済もできるようになっているわけです。

実際的に収入が安定していれば、即日融資だって受けやすくなっていますが、安定していない自営業やパート、アルバイトの方では、審査するのにかなりの時間が必要となり、希望しても即日融資を受けていただけないことも多いのです。これらの職業の方は消費者金融ならばなるべく早く審査してくれると思うので、急いでいる方は銀行よりも消費者金融に申込するといいでしょうね。

消費者金融系(アコムやプロミスなど)と言われる会社は、便利な即日融資にも対応してくれることろが珍しくありません。だけど、そうであっても、会社ごとの審査は必ず受ける必要があります。審査が梨で貸してくれるところなんて闇金業者ぐらいしかありませんから。

融資を申し込んだ方が確実に返済していけるかどうかということを慎重に審査して判断が下されます。契約のとおりに借りたお金を返すことが確実であると決定が下りた時のみ対象として、利用を申し込んだキャッシング会社は融資を実行してくれます。
お待たせすることなくあなたが希望している額を比較的簡単にキャッシングできるというのが、CMでもおなじみの消費者金融が提供している人気急上昇の即日キャッシングです。

わかりやすくできている審査基準を満たしていれば、驚きの短時間で融資をお願いした金額の入金までできちゃうキャッシングのひとつです。公務員であったり、他社借り入れがなかったりと言う場合には簡単に借りれると思います。簡単すぎて逆にビックリする人も多いみたいですから。
最近よく見かける魅力的な即日キャッシングがどんなふうにいいものなのかは、すでに知っている状態の人は大変多いのですが、具体的はどういった手順でキャッシング可能になるのか、もっと重要なところまで理解できている人は、ほとんどいないと言えるでしょう。キャッシングの金利などの仕組みって結構複雑ですからね。

借りるのであれば、まず最低限の金額で、返済回数を少なくして完全に返し終えることが一番大切なことなのです。カタチは違って見えますがカードローンでお金を借りているわけですから、借り過ぎで返済不可能にならないように効率的に利用しなければいけません。

現在ではよくわからないキャッシングローンという、ますます混乱するような言葉だって使われていますので、キャッシングでもOKカードローンでもOKという具合に、細かく追及しない限りは異なる点が、ほとんど全てにおいて存在しないと言ってもいいのではないでしょうか。

もう今では忙しい方のためにインターネットで、前段階として申込みが済んでいれば、キャッシングのために必要な審査がスピーディーに出すことができるサービスを実施している、利用者目線のキャッシング取扱い業者もどんどんできてきましたよね。これは利用者からすればかなり有難いことだと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

家計の内訳について

景気が少しよくなったとは言え、まだまだ家計は厳しい状況です。
サラリーマンを始めて15年がたちましたが、今までボーナスを満額もらったことはありませんし、手当てなどは減額される一方です。

厳しい時は、カードローンのお世話になる事もあるぐらいです。

厳しい状況はまだ続きそうですが、状況がよくなるまで家計を少しでも切り詰めて頑張らないといけません。
まず、我が家は3人家族で、子供が1人います。

食費ですが、月に3万円以内に押えています。実家で野菜などを作っていますので、できるだけ実家に帰るときは、野菜をもらうようにしています。これだけでも食費がかなり浮きます。

実家に帰るには車が必要ですが、気になるのはガソリン代です。通勤には、公共交通機関を利用していますので、交通代は会社から支給されます。ガソリン代は週末にしか車は使わないので、8千円くらいです。

消耗品は月に2万円くらいでしょうか。これも、できるだけ安い日にまとめ買いをすることでかなり節約ができています。

気になる光熱費ですが、私の家はオール電化にしていますので、ガス代はありません。電代は月に1万2千円です。エアコンなどを使うときはできるだけ皆一緒の部屋で過ごすようにしています。

水道代は、月に4千円くらいです。まだまだ節約はできると思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする